野菜コーディネーターの口コミ・否定的な口コミもありました

野菜コーディネーターの口コミ・否定的な口コミもありました

野菜コーディネーターの口コミ・否定的な口コミもありました

 

野菜コーディネーターの否定的な口コミ

野菜コーディネーターの口コミを調べてみると、決して多くはありませんが否定的な口コミも存在します。

否定的な口コミの特徴

  • 趣味の資格
  • 就職にメリットがない

といったものでした。

残念ながら、飲食系の仕事以外生かすところなさそうです。これとって就職をというより趣味で持ってる程度の資格のようです。

「私、野菜コーディネーターの資格持ってます!」と言っても、
面接官A
「“野菜コーディネーター”って何?そんな資格あんの?」
面接官B
「持ってるんだ~。へえ~、すごいね~~。」

こうした意見をお持ちの方もいらっしゃいます。

 

確かに、調理師や栄養士のような国家資格ではないので、資格が就職の決定的な要素になるようなことはありません。
資格取得しただけで活用しなければ趣味で終わってしまうでしょう。

 

しかし、学んだ内容を活かすか殺すかは資格を取った方次第です。
野菜コーディネーターはステイタス的な資格ではなく、知識や技能を学ぶ学習型の資格です。
資格があるから安心、といったものではありません。
また、取得した資格を他人にひけらかして自慢するようなものでもないのです。

 

⇒【無料】野菜コーディネーターがよくわかる資料の請求はこちらから

 

野菜コーディネーターとしての大切なこと

野菜コーディネーターの資格は、おいしく野菜を楽しむこと、野菜を無駄なく活用するエコライフの実践を目指した資格です。
野菜が元々持っているおいしさや栄養、それを引き立てる料理方法を伝えていくのが野菜コーディネーターです。

 

 

実際、野菜コーディネーターの資格取得によって得た知識や技能を仕事に活かしている方がたくさんいらっしゃいます。
野菜コーディネーターの資格取得で得た幅広い知識とノウハウをもとに、フード関係の仕事での活躍が期待できます。
さらに、家族の健康のため、野菜を活用するとともに食べ物の大切さを伝えていく、自身の美容のため、野菜のおいしさや栄養を引き出していく、そうした役割を果たしていくことも野菜コーディネーターとしての大切です。

 

⇒【無料】野菜コーディネーターがよくわかる資料の請求はこちらから