薬膳マイスターの資格とは・食事で健康にする資格です

薬膳マイスターの資格とは・食事で健康にする資格です

薬膳マイスターの資格とは・食事で健康にする資格です
毎日の食事で健康なれたら素敵ですよね。
一人ひとりの体質や体調に合わせながら、毎日の食事で健康になれるのが「薬膳」、この薬膳を身近な食材でおいしく簡単に作れるようになる資格が「薬膳マイスター」です。

 

薬膳は一人ひとりの体質やその日の体調に合った食材を選んで料理を作る、「オーダーメイドの料理」です。
薬膳は人気こそはあるのですが、実際に毎日の食事に取り入れることが意外と難しく、敬遠されることが多いかもしれません。
この薬膳を、「手軽」に「おいしく」実践できるようにする方法を学べるのが「薬膳マイスター」なのです。

薬膳マイスターは「和漢膳」を学ぶ

薬膳マイスターで学ぶのは日本型薬膳「和漢膳」です。

 

従来の薬膳では、入手しにくい食材を使っていたり、日本人の口に合わない味になっていたりと、必ずしも手軽に、おいしく食べられるものではありませんでした。
日本型薬膳「和漢膳」は、薬膳の正統的な考え方を踏まえつつ、日本人の体や味覚に合うようにアレンジした、「日本人に合った薬膳」となっています。
四季のある日本ならではの旬の食材に、栄養価の高い生薬としても活用される食材を加えて作るので、身体のバランスが早く整うという魅力があります。

 

しかも、子どもにも食べやすい食材を使うので、家族みんなで味わえるものになっています。

 

⇒【無料】薬膳マイスターがよくわかる資料の請求はこちらから

 

薬膳マイスターのマイナス面

昔からの薬膳を本格的に学びたい方にとっては、薬膳マイスターの資格は回り道になるかもしれません。
和漢膳は、自宅で「手軽」に「おいしく」実践できるようにアレンジされています。
そのため、すぐに家庭で楽しめる薬膳をマスターすることはできますが、高価な生薬を使った難病を治そうとするようなものは後回しになります。

 

麝香や牛黄や鹿茸といった、高価な生薬をふんだんに使った薬膳も後回しです(ちなみに、順にジャコウ、ゴオウ、ロクジョウと読みます。)。
手軽でなくても、おいしくなくてもいいから昔からの薬膳だけが知りたい方には、薬膳マイスターの資格をおすすめしません。

未病のうちにおいしく治す

病気が重くなってから、身体の悪い部分だけを治そうとしても難しくなります。
症状が出ていない「未病」のうちから身体を整えることで、いつも健康でいられます。

 

薬膳は身体を整えるものですから、決められたとおり完全な料理を作る必要は必ずしもありません。
普段の料理に食材をちょい足ししたり、ちょっと手を加えるだけで作れる薬膳もあります。

 

こうした「手軽」に「おいしく」実践できる薬膳を、薬膳マイスターなら学ぶことができます
薬膳マイスターは次のような方におすすめです。

  • 普段から体調が気になる方や病気を予防したい方
  • ご家族の健康が気になる方
  • 料理のレパートリーを広げたい方
  • 食や健康に関するお仕事に携わっている方
  • 薬膳、漢方などを実践したい方

薬膳マイスターは、和漢膳の正しい知識を身に付けて、自分と家族のおいしくて健康な暮らしに役立てたい方におすすめの資格です。

 

⇒【無料】薬膳マイスターがよくわかる資料の請求はこちらから

薬膳マイスターは、日本人の体や味覚に合うようにアレンジされた日本型薬膳「和漢膳」を学ぶ資格です。一人ひとりの体質や体調に合わせながら、毎日の食事で健康になれる薬膳を、手軽においしく実践できるようにするのが薬膳マイスターです。

関連ページ

薬膳マイスターのお仕事なら・求人と活躍する分野はこれ
薬膳マイスターの主なお仕事は、やはりフード関係、食の分野にあります。 例えば、病院や介護施設などの給食、学校給食、社員食堂、外食や中食など、健康的でおいしい食事の提供が求められる職場が中心になるでしょう。 そうした業界への就職・転職する際には、薬膳マイスターの資格を履歴書に記入できますから、信頼感をアピールすることができます。
薬膳マイスター2級ってどんな資格ですか?にお答え
「薬膳マイスター」は一種のブランド名で、正式な資格名は「和漢薬膳食師」、和漢薬膳食医資格の体系の中の基礎的な資格という位置づけです。 この「薬膳マイスター」のすぐ上位にあり、応用的な性格が強くなったのが「和漢薬膳食医2級」です。「和漢薬膳食医」には、さらに上位の1級と特級があり、ステップアップの道が開かれています。
薬膳マイスターには独学ではなれない、その理由とは
薬膳マイスターの資格は、一般社団法人和漢薬膳食医学会が認定した通信講座(薬膳マイスター養成講座)を修了することが取得の条件になっています。通信講座を使わずに独力で勉強するという意味での独学では薬膳マイスターにはなれません。薬膳マイスターになるには養成講座を修了することが必要で、早い方なら2ヶ月でなることができます。
薬膳マイスターの難易度は?試験があるけど大丈夫
薬膳マイスターになるには、指定の通信講座「薬膳マイスター養成講座」を受講し、修了認定試験(筆記試験)に合格する必要があります。 養成講座の標準学習時間は4か月、修了認定試験の合格基準は70点以上となっています。薬膳マイスターは無試験で取得できる資格ではありませんが、むやみに難易度の高いものでもありません。
薬膳マイスターの口コミ・評判をまとめました
薬膳の世界の基礎をマスターできる薬膳マイスターについて、口コミや評判をいろいろ調べると、特徴が見つかりました。自分自身が健康になれた、食材の効果や性質、それらを活かしたレシピがわかった、東洋的な食の考え方、薬膳の基礎がわかった、薬膳の知識が料理教室などの仕事で役立ったなどです。
薬膳マイスターの口コミ・評判、否定的なものも見つけました
薬膳マイスターの口コミ・評判には、多くはありませんが否定的なものもありました。知名度が高くないので資格をわかってもらえない、料理教室をするなら薬膳マイスターだけでは足りない、上位の資格を取ろうとすると多くの費用が必要、といったものです。