薬膳マイスター2級ってどんな資格ですか?にお答え

薬膳マイスター2級ってどんな資格ですか?にお答え

薬膳マイスター2級ってどんな資格ですか?にお答え
はじめに答えを書いてしまうと、「薬膳マイスター2級」という名称の資格はありません。
「薬膳マイスター」は一種のブランド名で、正式な資格名は「和漢薬膳食師」、和漢薬膳食医資格の体系の中の基礎的な資格という位置づけです。
この「薬膳マイスター」のすぐ上位にあり、応用的な性格が強くなったのが「和漢薬膳食医2級」です。
なお、「和漢薬膳食医」には、さらに上位の1級と特級があり、ステップアップの道が開かれています。

 

「薬膳マイスター」はすべての基礎

「薬膳マイスター」は、和漢薬膳食医資格の体系の中では最も基礎的な位置づけにあります。
難解と思われがちな薬膳について、わかりやすさに重点を置いて解説された基礎理論で学んでいくのが「薬膳マイスター」です。

 

「薬膳マイスター」取得後にステップアップを目指す場合、すぐ上にあるのが「和漢薬膳食師2医」です。
薬膳の基礎力を高めつつ、基礎技術を学ぶことで生活の中で応用できるようにしていくのが「和漢薬膳食師2医」になります。
さらに応用的な性格を強めていくのが「和漢薬膳食医1級」「和漢薬膳食医特級」です。

 

「薬膳マイスター」は和漢薬膳食医体系の基礎となるのです。

 

⇒【無料】薬膳マイスターがよくわかる資料の請求はこちらから

 

和漢薬膳食医資格の体系

もう少し細かく「和漢薬膳食医」について説明します。
面倒な方は飛ばしていただいて結構です。
--------ここから説明--------

和漢薬膳食医資格体系

「和漢薬膳食医」は一般社団法人「和漢薬膳食医学会」が認定する資格です。
「和漢薬膳食医」は、日本人に合った日本型薬膳「和漢膳」の指導が行えるものとして認定されるものです。
基礎的なものから順に、和漢薬膳食師、和漢薬膳食医2級、和漢薬膳食医1級及び和漢薬膳食医特級と、4つの段階に分けられています。

「和漢薬膳食師」(「薬膳マイスター」)

最も基礎的なものが「和漢薬膳食医3級」で、このブランド名が「薬膳マイスター」です。
一般に難解と思われがちな薬膳について、わかりやすい言葉で基礎理論を学んでいきます。
「和漢薬膳食師」(「薬膳マイスター」)では、和漢膳の基礎理論をDVDなどで学び、料理に活かすことができるようになります。
「和漢薬膳食師」(「薬膳マイスター」)の資格を取得するには、指定の通信講座を修了することが必要です。

「和漢薬膳食医2級」

「和漢薬膳食医3級」(「薬膳マイスター」)で習得した基礎基礎力を高めて、和漢膳を自分で作れるようになり、家庭生活に応用できるようになるのが「和漢薬膳食医2級」です。
基礎技術を学び実際に応用していく、第2段階に当たる「和漢薬膳食医2級」では、目、高血圧などの症状別の和漢膳や、実習を通して証に合わせた和漢膳を作れるようになります。
「和漢薬膳食医2級」の資格を取得するには、「和漢薬膳食医3級」(「薬膳マイスター」)取得後、指定の講習(実習含む)を受講し、筆記試験及び口答試験に合格することが必要です。

「和漢薬膳食医1級」

「和漢薬膳食医1級」では、身につけた応用力や技術力をさらに高めると共に、和漢膳のエキスパートとして、専門知識を仕事の現場で活かせるようになります。
「和漢薬膳食医1級」の資格を取得するには、「和漢薬膳食医2級」取得後、指定の講習(実習含む)を受講し、筆記試験及び口答試験並びに面接試験に合格することが必要です。

「和漢薬膳食医特級」

「和漢薬膳食医特級」では、一般社団法人「和漢薬膳食医学会」公認講師としてマスコミや講習会に派遣されるようになります。
「和漢薬膳食医特級」の資格を取得するには、「和漢薬膳食医1級」取得後、指定の講習(実習含む)を受講し、筆記試験及び口答試験並びに面接試験に合格することが必要です。
特級師範の資格を取得すると、一般社団法人「和漢薬膳食医学会」の資料を使用した本部講師としての活動が認可されます。
--------説明ここまで--------
要するに、「薬膳マイスター」の次のステップは「和漢薬膳食医2級」です。
その後、「和漢薬膳食医1級」→「和漢薬膳食医特級」となっていきます。

薬膳マイスターはすべての基礎になる

「和漢薬膳食医3級」、すなわち「薬膳マイスター」では薬膳の基礎を学びます。
ステップアップする際には、必ず立ち返る土台になるものです。
薬膳の基礎を手早く身に付けたい方にとっても、ステップアップを目指す方にとっても、「薬膳マイスター」で学ぶ知識はとても大事なものになります。

 

⇒【無料】薬膳マイスターがよくわかる資料の請求はこちらから

「薬膳マイスター2級」なる資格はありません。「薬膳マイスター」は一種のブランド名で、正式な資格名は「和漢薬膳食医3級」。その上位にあるのが「和漢薬膳食医2級」です。したがって、「薬膳マイスター3級」や「薬膳マイスター2級」となることはありません。

関連ページ

薬膳マイスターの資格とは・食事で健康にする資格です
薬膳マイスターは日本型薬膳「和漢膳」を学べます。薬膳マイスターになるには養成講座を修了することが必要で、早い方なら2ヶ月でなることができます。
薬膳マイスターのお仕事なら・求人と活躍する分野はこれ
薬膳マイスターの主なお仕事は、やはりフード関係、食の分野にあります。 例えば、病院や介護施設などの給食、学校給食、社員食堂、外食や中食など、健康的でおいしい食事の提供が求められる職場が中心になるでしょう。 そうした業界への就職・転職する際には、薬膳マイスターの資格を履歴書に記入できますから、信頼感をアピールすることができます。
薬膳マイスターには独学ではなれない、その理由とは
薬膳マイスターの資格は、一般社団法人和漢薬膳食医学会が認定した通信講座(薬膳マイスター養成講座)を修了することが取得の条件になっています。通信講座を使わずに独力で勉強するという意味での独学では薬膳マイスターにはなれません。薬膳マイスターになるには養成講座を修了することが必要で、早い方なら2ヶ月でなることができます。
薬膳マイスターの難易度は?試験があるけど大丈夫
薬膳マイスターになるには、指定の通信講座「薬膳マイスター養成講座」を受講し、修了認定試験(筆記試験)に合格する必要があります。 養成講座の標準学習時間は4か月、修了認定試験の合格基準は70点以上となっています。薬膳マイスターは無試験で取得できる資格ではありませんが、むやみに難易度の高いものでもありません。
薬膳マイスターの口コミ・評判をまとめました
薬膳の世界の基礎をマスターできる薬膳マイスターについて、口コミや評判をいろいろ調べると、特徴が見つかりました。自分自身が健康になれた、食材の効果や性質、それらを活かしたレシピがわかった、東洋的な食の考え方、薬膳の基礎がわかった、薬膳の知識が料理教室などの仕事で役立ったなどです。
薬膳マイスターの口コミ・評判、否定的なものも見つけました
薬膳マイスターの口コミ・評判には、多くはありませんが否定的なものもありました。知名度が高くないので資格をわかってもらえない、料理教室をするなら薬膳マイスターだけでは足りない、上位の資格を取ろうとすると多くの費用が必要、といったものです。